nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

周天法と八卦掌

探掌に続いて蓋掌を習い始めました。だんだん実戦的になってきたような気がして、少し楽しくもあり。ところで、毎回遠藤老師から、走圏の意義、その目的や効果について、手を換え品を換え教えてもらっていて、これがまた興味深く、ここ最近は特に腰の重要性を強調されて、走圏の際に重点的に教えてもらっています。
興味深いことに、走圏時の姿勢はほとんど周天法に近いものがあります。とはいて、実は周天法なのだ、という結論ではもちろんないわけです。気を循環させたりはしないですから。しかし、背中の充実は上昇する感覚、腹の弛緩が下降する感覚というのはまさにそうで、周天法と同型の身体感覚によっており、またそこから現れる効果も同じようなものだと言えるでしょう。