nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

武学書館のリプリント本

 先月台北に行った際に、やっぱり武学書館*1で買い物してきたのでした。今回はリプリント(と思われる)ものを中心に。
 

  • 王樹金『八卦連環掌』(自費出版、民国67(1978)年の自序あり)
    • かなり分かりやすい文章で書いてあります。「禁忌」や「基本原則」も明解。
  • 李影塵『国術史』(序文に壬申とあるので、1932年刊か)
    • 「尹福授馬桂」の一文あり。
  • 竇奉三・馬歩周『国術概論』(侠魂雑誌社出版、民国25(1936)年の後書きあり)
  • 交河蘇瑞洲『国術論詮』(河北省立天津師範侠風国術会出版部、民国24(1935)年)
    • 練功法についてスピ成分少なめで記述。
  • 北京市武術協会八卦掌研究会『八卦掌研究会会刊』(創刊号、1984年)
    • 康戈武「八卦掌源流之研究」が掲載。『董海川与八卦掌』所収の論文はここからの転載か。こちらの方が写真や図が多い。またこの雑誌には董海川が八卦掌の開祖でないという論文も載っていて、どうも当時論争になっていた模様。
    • 次号以降の発行状況が気になります。。。
  • 李海峯『易筋経』(奥付なし、1953年の序あり)
    • 解説本。けっこう細かい動作説明あり。
  • 劉鳳彩編『程派高式八卦掌譜』(逸文武術文化、2005年)
    • 最近の本ですが、かなり詳しく書かれていたので参考資料として購入。

 
 武術の本だけかと思っていたら、なんと霊学絡みも。これは思わぬ拾い物です。

  • 潜修居士・陶如山人『神秘霊子術伝授録』(民国8(1919)年初版とのこと)
  • 天岸居士『新霊子術』(心霊科学局、民国22(1933)年刊)
    • 上海心霊科学局って、霊学叢誌の版元じゃなかったっけ。これは霊学研で志賀さんに教えてもらおうっと。

*1:http://www.lionbooks.com.tw/