nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

四千年前に通過した場所

 近代中国における伝統の創造はベタかネタかと悩ましいわけですが、霊学研で読んだ資料で、『列子』に出てくる「化人」の故事を引いて自らもって自認し、催眠術こそが古代中国の精華、儒教も催眠術だったのだ、な、なんだってーとそんな人がいるのを知って、改めて催眠術の重要性を認識した次第。でも、この化人、大漢和ではあっさり「仙人」としてるんだけど、やってることって*1、本当にインドの奇術師です、あり(ry

*1:「周穆王時。西極之國有化人來。入水火。貫金石。反山川。移城邑。乘虚不墜。觸實不裣。」(周穆王第三)
なお、白土三平の漫画でだいたいトリックは解説されてたように記憶。