nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

魔法にかけられて

噂のディズニーセルフパロディ映画「魔法にかけられて*1を見てきました。アニメの動物だとかわいいのに、同じことを実写でやるとどん引き、みたいな演出をしていて*2、主要登場人物もアニメから抜け出てきたような(まったくもってディズニーの)アニメ顔と大仰な演技にしているのに、こっちの方は妙にはまっているのがおもしろかったです。現実世界で主人公を助ける弁護士の恋人のねーちゃんが登場した時点から妙に頬骨はってるなーと気になってたら、最後のオチですごく納得したのでした。
 

ディズニーファンというわけではないので、随所にちりばめられていたらしい小ネタは相当スルーしてしまいましたが(あとでプログラムを読んでいろいろあったのねと感心)、知らなくても十分楽しめる普遍的な作りになってました。あるいはいろんなかたちですでに抜きがたく汚染されてるだけなのかもしれんけど。
ベタからネタ、ネタからベタへの転換が丁寧に描かれていて、そのテーマはおとぎ話一般にも言えることはもちろん、マンガの価値(というかリアリティ)もそうだし、恋愛物ということでみれば少女漫画はまさにこのベタをいかにベタとして描くかにかかっているようなもんだと思います。その点を批評的にマンガにした作品も出てますね*3。うーん、ディズニーランドに行きたくなった。

*1:http://www.disney.co.jp/movies/mahokake/

*2:そこでミッキーが出てればおもしろかったが、さすがにマッドすぐるか

*3:[asin:4088654587:detail]via [http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_69d5.html:title=漫棚通信]