nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

東アジア宗教文化学会3日目:政治的に正しい宗教研究

午前はえらい人のシンポ、午後は見学でした。シンポジウムについては、さすがこういう場では政治的に正しい発言しかありえないよね、という想定内のものでした。

が、考えてみれば、しかしその内容は何も解放後に語られるようになったことではなく、近代にもそれ以前にも同じ文脈による語りがあった、つまり士大夫的宗教観の延長線上にきちんと収まってるんですね。実に味わい深いものがあります。つまり向こうの問題にとどまらずこっちの問題でもあるわけです。そう、いまだに。
午後は、海軍の宗教施設の代打で、韓国一大きくて歴史のある(と説明を受けた)通度寺に行ってきました。普段入れないところも特別にと聞いていたのですが、全然普通のコースだったような気がしましたが、もろもろおもしろかったです。学会では既存宗教が力を失って新宗教がとかいう発表多かったのに、全然がっちりじゃーんと思いました。
f:id:nomurahideto:20080803144853j:image
お盆なのでお参り後に家族で遊んでるんだそうです。
f:id:nomurahideto:20080803144924j:image
国宝だけどばんばん使われている本堂。しかし全般的に保存状態がよくありません。松の木を使ってるそうで、それで持ちが悪いんでしょうか。
f:id:nomurahideto:20080803151307j:image
唐から持ち帰った仏舎利。さっきの本堂には本尊がなくって突き抜けてこの仏舎利を拝むようにできてます。
f:id:nomurahideto:20080803152506j:image
仏舎利の回りは壇になってて、博物館にあった初期の史料を読むと、やはりその回りを取り囲んで儀礼をやってたみたい。案内してくれた人に現在はどうですか?と聞いたらあやふやな回答でした。ヒミツの儀礼があったらおもしろいな〜。