読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

「儒教の現代性はどのように語った方がよいか?−「孝」の思想、性善説、アーキテクチャ−」補遺2

共生思想研究年報2009掲載の拙論の補遺。
取り上げた研究者のうち、その弟子の言説も含めてカルト的雰囲気がすばらしい件については論考内で言及しようか悩んだものの、そもそも師匠の説を縮小再生産して悦に入ってる弟子なんてのはめずらしくもないので、彼らがそうではなく現代における儒教の実践になり得ているのかは現段階ではよく分からないわけです。あるいはありがちな世俗的上昇志向の隠れ蓑として儒教の現代性を語っていること自体が、すぐれて科挙受験的儒教の戯画になっているのかもしれません。それはそれでおもしろい。経過観察による判断が必要と思い、しばらくは様子見。できれば書かれたテクストの範囲での分析をやりたいので変な論文をもっと書いてくれんかしら。