読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

ポン・ピュン・ランと発勁

だれでも速く走れるポン・ピュン・ラン」で述べられている、ポン・ピュン・ラン3つのポイントの1.を読むと、発勁と原理が似ているところがあるように思えます。

◆1.「体をまっすぐにして走る」ということです。これは、地面に対して垂直(すいちょく)にということではなく、背中(せなか)と骨 盤(こつばん)を曲げないで一本の棒のようにするということです。こうすることで、地面に大きな力 を加えることができ、また、地面からの反発するエネルギー をむだにしないですみます。

力を出すには背中と骨盤が曲がらず一本の棒のようになっていることが大切で、地面に対して垂直であることは必要ないとのことですが、実際、馬貴派においても後者は次への変化のために必要とされることが大きく、力そのものの大小と強い因果関係にはないようです。
もちろん発勁技法は流派によって実態が異なるだろうから、原理が似ているというのは、少なくとも馬貴派の発力の場合に限ります。また足をはずませたりはせず、沈み込むほどよいので、動作としては短距離走の走る動作そのものより最初のスタートダッシュに近いのかな。体当たりのような力の出し方だし。