nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

指先から背中まで

これまで手の要求として、沈肩、墜肘の二つは伺っていたのですが、先日の講習会でさらに二つ、坐腕と領指も習い、これで指先から肩までの要求をどう表現するのか、やっと分かりました。これらの要求を満たすことで、「背如箕形」になるそうです。なるほど。
個人的な感覚では、沈肩と墜肘は力を脱いていく過程で自然と実現できてくるものですが、坐腕と領指はその逆で、最初から意識的に行わないとなかなかできません。武術としても大切でしょうけど、養生として考えたときも、指先まで意識を行き届かせるのは重要だと思います。