読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

蛇が獅子に化け、燕が鷹に化け、熊が蟹に化ける。

あくまで一面を示したものに過ぎないことを承知の上で書けば、現在学んだ範囲では、馬貴派の八掌には次のような先後関係があるようです。第一のルートは、龍形で円の動きを学び、獅形で球の動きに拡張するというもの。第二のルートは、単勾式で身のかわしから攻撃への移行を学び、鷹勢では両者を一致させるというもの。第三のルートは、熊形で身法での発勁を学び、蟹形で手法による強化を学ぶというもの。
まず身体的な基礎の確立を目指す技から学んでいくようになっており、その中でもあちこちに次の段階で必要になるであろうものを鍛えるようなポイントが隠されています。細かい用法を気にしながら練習することを李先生はしばしば戒めますが、それは走り込みや腹筋が相手を殴るのにどう役立つか考えるに等しいからと言えるかもしれません。