読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

下手が上手を導く

昨日の練習で個人的に修正せんといかんと気づいたのが、単換掌の葉底蔵花の下手が低いことです。ちょうど鳩尾のところを水平に移動させないといけないのに少し下がってしまうんですね。丹田があればそういう問題も起きないでしょうけど(^_^;)
あと単換掌の葉底蔵花から最後の回転にかけては、あくまで下手が主導であって上手は動かないんですね。回転のところも、上手はねじのように下手が沿って前に出て行くのに従って回転すると。双換掌でも事情は同じで、最初の上下に手を開くところでは、葉底蔵花を縦に行うようなものですから、やはり上手は動かない。下手が脇から沿って上に伸びていくのに押し上げられる体で上に伸ばされるというわけです。
ここで動かないから力がまったく抜けているかというと、それは違うわけです。自然な状態を静止させつづけるには相応の負荷が必要になりますから。