nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

双換掌の大擺歩で両腕がまっすぐにならないわけ

双換掌の大擺歩で両腕をつながった一本のようにまっすぐのばすことが要求されるわけですが、どうにもまっすぐになりません。下の手は馬歩した膝の横と定まっているので角度は決定しているわけで、そうなると問題は上の手。どうしても下がり気味ということになるわけですが、しかし下の手に合わせると上げ過ぎちゃう。
李先生を見ているときれいにつながっているけれどそんなに上げているようにも見えない。なんでだ〜と思って自主練していたら、相方の指摘で一応答えのようなものが見つかりました。
やっぱり答えは含胸亀背下端腰。胸を落として背中を張ると両腕のつながりがよくなるんですよね。そこを意識しながら両腕を上下にのばすとだいぶつながって見えるようになりました。これだ!
やっぱり基礎が大切で、それをいかに自分がおろそかにしているかというのを、またまたまたまた発見してしまったのでした。