読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nomurahideto's blog

http://researchmap.jp/nomurahideto/

郭沫若と静坐(1):岡山での生活

 郭沫若が日本留学中、1915(大正4)年10月に父母に送った手紙では、岡山に移って一ヶ月後の生活を報告し、「私は岡山に来てから毎日、起居飲食を規則正しくしております。」として、一日の生活を次のように綴っています。

 

 五時半起床。

 五時半から六時半までに顔を洗って歯を磨き、冷水浴一回。

 六時半から七時まで静坐。

 七時、朝食。

 八時から午後二時まで受講。月曜日は午後三時以後、土曜日は十二時以後、授業なし。

 十二時、昼食。

 午後の放課後は復習。毎日この間、温浴一回。

 五時、夕食。

 夕食後七時ごろ散歩する。

 七時から十時まで、復習と予習。

 十時十五分、静坐して後、就寝。

 

 夕食後の散歩については、「ここに操山があり、形は峨眉山麓に非常によく似ています。稲田ばかりです。田圃の間を散歩しながら四方を見渡すと、山ばかりです。まるで故郷に帰ったようです。」と述べています。

 ここで郭沫若が朝晩行っている静坐は岡田式静坐法を参考にしたものです。続きます。

参考文献:

桜花書簡―中国人留学生が見た大正時代

桜花書簡―中国人留学生が見た大正時代